424

S&A オートクリエイト
254-0073神奈川県平塚市大神3341-15

TEL 0463-75-9622
FAX 0463-75-9623
inquiry@sa-autocreate.jp
https://www.facebook.com/SaAutocreate

2009年08月25日

IMG_0182IMG_0184

チタンマフラーの溶接には、バックシールド+アフターシールドを使います。
チタンは溶接の熱で酸素と化合してしまうと、
当然、酸化チタンになってしまいます。

よく「チタンが割れる」と言われますが、
それは酸化チタンになってしまったからです。
酸化チタンにならなければ、もしも溶接個所が何かにブツかったとしても、
潰れる状態になり、割れることはありません。

sandaautocreate at 21:23コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
エグゾースト 
378

DATSUN BROS.による西湘バイパスの併走です。
お互いエンジンサウンドで刺激しあいながら海沿いを駆け抜ける、
とても気持ちのよい瞬間です。

sandaautocreate at 21:19コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ギャラリー | 日産
IMG_2072IMG_2080

カムシャフトを製作するにあたり、
カムプロフィールがノーマルより格段に向上して高回転が良くなるため、
バルブスプリングをWスプリングで製作しました。

バルブタイミングの調整を行う事でカムシャフトの特性は高回転と書きましたが、
アイドリングから高回転までとてもスムーズに回ります。
そしてトルクも1300ccとは思えない程向上します。

またマフラーから水が大量に出る状態になり、
この状態は燃焼がすごくいい状態という事になりしたがって、
出力向上につながりました。

ミニのカム+ヘッドパーツはかなりお勧めです。

sandaautocreate at 21:18コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
S&A special | 外国車
IMG_1169

BMW E30へSR20を搭載する位置の仮組み風景です。
エンジン換装は、低く後ろに搭載するのが基本です。
純正の冷却関係を違和感ない状態で搭載しました。

sandaautocreate at 18:41コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
エンジン換装 | 外国車
IMG_1167

エンジンスワップが難しいと言われているBMWに、
SR20用ブラケットを改造して製作しました。

エンジン位置は出来る限り低く後ろへ、
最後の位置決定は、
ミッションを搭載し
フロアートンネルやプロペラシャフトの直線状態で決定しました。

かなりいい位置で搭載できます。

sandaautocreate at 18:40コメント(1)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
S&A special | 外国車
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ