2010年11月17日

謎のKKK K26タービン その2

謎のKKK仮組すると、やはりパイピングなど合いません。

             IMG_0339
タービン出口が50ΦでSTDのパイピングが60Φなので異形パイプをつくります。   

      IMG_0340IMG_0341
異形パイプをタービン出口に仮組しパイプとパイプの隙間をノーマルと同じ様に開けます。ノーマルはジョイントゴムが長く、そこで振動を逃がす様な作りです。   
  IMG_0342IMG_0343
      なんとな繋がるようになりここから本溶接です        
          IMG_0346
異形+90°ベントの組み合わせで形になりました、穴が2個はウエストゲートの圧力取り出しニップルの穴で、これもなるべく見えない位置にニップルが来るように位置決めしました。基本のエンジンルームがノーマル+αなのでパイピングも黒にペイントです。
    IMG_0348IMG_0349 
タービンアウトレットも同じく製作です、既存のフロントパイプに合わせるように製作こちらも60~70Φに変換でフランジ手前で微妙な曲げを入れて合うようになります、後は仕上げれば完成
    IMG_0358IMG_0360
タービンアダプターは中古のままなので、ブラストでキレイに、ノーマルのEXマニに装着状態です、タービン自体はエンジンに近くなる設計でオイルラインなども製作していきます。
        
            IMG_0362







sandaautocreate at 19:54コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
エンジン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ