エンジン換装

2011年11月15日

IMG_1399R30のスワップもエンジン、ミッションもほぼ決まり、補機類の合わせ込みに入りました。エアコンの配管部ですがR30はネジピッチが特殊なのでエアコンユニットを外し、ネジ部を変更していきます。




IMG_1400 ネジ部を切り取り、一般的なサイズに溶接で変更します。






IMG_1401低圧側はかぶせタイプにして溶接。これでエンジンルーム側との連結が行えます。






IMG_1402ちょっと微妙な溶接ですが、変更完了です。エアコンラインはエアコンオイルなどが溶接時に回ってくるし薄い材質なの難しいのです。





IMG_1403室内とエンジンルーム側の連結は、この様な形になります。






IMG_1404レシーバタンクもER34で34風味に。。。







IMG_1405暗くて分かりずらいですが、全体のライン風景。







IMG_1410ミッションメンバーやはり合いません。高さ変える為に切断溶接で簡単に製作。






IMG_1413横から、これで段違いにする事でプロペラシャフトの直線度を確保しました。






IMG_1414色塗りすると、まずまず。







IMG_1429なんとなくレイアウト。P/SタンクやソレノイドもR34風味に装着。






IMG_1431エアコンファンも装着。それっぽい感じ。



この角度は似てないが



IMG_1430この角度はER34ぽい。おしゃれでカーボンダクトとエンジンカバーを拝借しました。


チャイナにむけて、拝借及び進行状況でした。
BOSS



 

sandaautocreate at 19:05コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年11月07日

IMG_0792JCCSでの1枚。TSRの最新作です。当然のSR20DETにエンジンスワップ。

日本だとクーペ良い感じをあまり見かけないですが。。。これは。。。 


IMG_0793エンジンルーム。色の使いもまとまりがあり部品の設置にも気を使ってる。





IMG_1067ストラットアッパーナットに注目。

なんとARP!!

こんな贅沢、日本でみた事ないです。


IMG_0795右側から。サージ止めるステーも作り物。


いちいちこだわる感じ。



IMG_0960 ステーのペイントもパウダーコート

羨ましく本当にイヤになる。




IMG_0958なにかのタンク?と思わせて。

 実は空っぽ。

 左右のバランスの為だけについてるとの事


 IMG_0959レギュレーターもデリバリーにブラックアールズのANメスーメスでマウント!!

 細かいところ見れば見るほど。。。。



IMG_0956ブレーキラインもやり直し。ステンレスパイプでした。

フレームに沿う形でさり気ない感じ
マテリアルまで拘りやがるのか。。。


IMG_0965JCCSから後日にTSRへ行きました。

ヤードには何台かの510

オレンジだけシートが被ってない状態


IMG_0966これもただ者ではないのです。

これはこれで良いのです。かなり濃い!!

これはまた次回に。


IMG_1059撮影の為にとある場所に。

TSRから数ブロック先に日本でも結構有名なメーカー前で
マリオがキレイにします。


IMG_1058先生が仕事の段取り初めます。

 後ろから見てるだけでも雰囲気ある場所と510



IMG_1056ISKY前での撮影でした。

ISKYと聞くだけでちょいドキドキ。ここら辺は有名なメーカーが沢山あるようです。



IMG_1057撮影中遊んでいると本物SNAP-ON


ちょとそれましたが楽しいおもいです。




IMG_1060クーペでいくならこんな感じがかっこいい

良いクーペ見たからもっと良いクーペ作れます??



IMG_0972フロントホイール&ブレーキ。

良い塩梅で。。

ブレンボ+2ピースローター


IMG_0970リヤも2POT&2ピースここまで来ると脱帽です。
リヤタイヤに注目です車高低いとセミトレの定番キャンバーがほぼ無い状態。ヤツらには単純明快な秘密ががありました。

単純明快の秘密は次回(いつかですが)のDATSUN CLASSICの時にでも紹介します。しかしマリオのとこは本当に憎い作り。自分が細かいのか、細かい所に目を向ければ良さがたっぷり感じれます。

クーぺかなりかっこ良くなりました。こんな感じのクーペ作りませんか?

ああ、俺はセダンなのですか?

 

sandaautocreate at 18:59コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年11月04日

IMG_1370HR30にRB25DETへ換装です。

お題はNEO6のエンジンルームを再現する感じで作っています。 

クリナーBOXも純正いきます。キノコには逃げません。

IMG_1371エアコンコンデンサーも移植しました、高さがかなり合いません。エアコンラインを基準に合わせます。 

難易度が低い感じですが、お題を考えると高い感じになってしまいます。 

sandaautocreate at 19:50コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年11月03日

IMG_1363MX40+2JZのエンジンルームです。タワー前はパネルの合わせも消してしまいました。当然、穴も埋めていきます。

エンジンルーム塗るだけだとちょとですよね。。
バルクまでフラットにしたら超えられるのか?


IMG_1364フェンダーも丸っと行きたいですね、


なのでダイブ丸っといきます。 




IMG_1190ヘラフラでの一枚。

かなりきてます。かなりニクイつくり。ドウモ君もいて、意識してますよね。

ついていけるかなぁ??この作りに。。。
ねぇ? 

sandaautocreate at 21:00コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月20日

IMG_0504XXのメーターの代わりにS2000のコンビメーターを入れます。 

後はメーターを自然に固定する方法を考えます。





IMG_0505室内の配線もメーターまで引きこむ事ができ
ました。

かなり雰囲気が良いですね。





IMG_0506 なんとなく全体像。これでダッシュ張替したら
カッコイイなー

sandaautocreate at 18:07コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年07月06日

XXにF20の搭載ですが、F20自体がぼってとした感じのエンジンになるので
XXのエンジンルームの広さだと、補機類がごちゃごちゃに収まると、違和感が多くなり、出来ればカッコイイ感じに仕上げたいと思いレイアウトを隠す方向で決定&仮組です。
IMG_0382
F20の排ガス用部品、2次空気用のポンプです、左フェンダー前に収めます。
IMG_0384
F20がEPSでXXが通常の油圧式パワステなので、EPSにするか、油圧ポンプにするか、悩みましたが、油圧式に決定、ステアリングラックの事も考慮するとXXのラックが良いと判断した為に。当然油圧ポンプがなくなるので、電動油圧ポンプを採用しXXのラックに油圧をおくります。搭載位置は、右ヘッドライトが格納される真下になります。
IMG_0385
パワステオイルのリザーバータンクです。これは右ヘッドライトの脇に搭載しました。
IMG_0387 IMG_0386
ヒーターバルブも移動していきます。通常は左写真のボルト穴が2ヶの部分に装着されていますが、移動して右写真のサージタンク下に変更しました。写真の写し方が悪く分かりずらいですが。
IMG_0388
XXバッテリー搭載位置は通常は左ストラット前にありますが。F20のハーネスとレイアウトの観点から左ストラット後方に設置、若干パネルを加工してF20サイズのバッテリーを搭載出来るようにしました。バッテリー前に見える黒い箱はF20で使われている電流用のセンサーです、電流センサーを使用してオルタネーターの発電を監視して多ければ発電をカット、足りなければ多くしたり、エンジン回転数にも応じてもコントロールしているので重要な部品です。
IMG_0389 IMG_0390
右斜め、左斜めのエンジンルームのイメージです。個人的な感想ですが、F20を搭載する事でフロントミッドな感じになり、それを更に補機類を隠す事で強調しました。フェンダーアーチ部分に部品を装着しない事でも強調されビジュアルもアップしてカッコイイと思います。ただF20を載せた感じだと???なので。少しずつですが仕上がってきています。
IMG_0391
補足です、プロペラシャフトも完成しました。フロント側がF20でリヤ側はXXのハイブリッド。1軸側のみ製作しました。












sandaautocreate at 10:07コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年06月25日

セリカXX、ハーネスの加工も終わり、エンジン始動テストです。排気やその他補機類は仮組です。メーターのオープニングがXXに入るのを想像するとカッコイイかと思います。

                         default

    http://www.youtube.com/watch?v=TCYdSccJU7I


sandaautocreate at 18:04コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年06月15日

              IMG_0244
F20エンジンハーネス&メインハーネス。XXに必要な所だけ残して取り除いていきました。これも回路図を見ながら分別すると、以外にスリムになりました、やはりF20のヒューズBOXはいらない状態になります。
              IMG_0245
エンジン&メインハーネスの余分なハーネスの山。本気で間引くとこんなにいらないのです。ここから、長さを合わせて、車両に這わせて、電源をいれ、必要な物を車両ハーネスと繋いでいけばXX+F20ハーネスの完成です。



sandaautocreate at 08:32コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年06月04日

タテグロ+RB25です大まかに、まとまり始めました。
            IMG_0241
エアクリーナーBOXもRBのノーマルを使います、ここは妥協せずにノーマルを使います、他の部分がノーマルな感じに仕上がっていてエアクリーナーだけスポーツタイプだとかなりカッコ悪いと思うので拘りました。
            IMG_0242
RBのラジエターやバッテリーもほぼノーマルと同じ位置関係で搭載しました、カップリングファンとラジエターの距離もノーマルです。ここも拘りです。位置関係がずれるとオーバーヒートの原因になり、ひと手間、ふた手間かかってしまいますがRBの純正に揃えていきます。
           IMG_0243
エンジンハーネスや、車両ハーネスも簡単にワイヤータック、ヒューズBOXはRBの物は使いません。よく目にしますが、搭載エンジンのヒューズBOXを使うパターンですが回路図で調べると大体いらない物ばかりになっているので、ウチでは使いません。見た目も悪い、整備性も良さそうと思うのですが余分なハーネスが増えるのでその部分でトラブルになりそうな感じです。ウチは回路を熟知し余分なものを排除して1+1=2ではなく1+1=1
のハーネスを作っています。また故障診断カプラーも装備して純正コンピューターなら通常の故障診断が受けられる様に作っています。

         










  




sandaautocreate at 21:12コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2011年04月13日

IMG_0980XX+F20 マウント製作の仮組みです。ダンボールで形を作り簡易的にメンバーの上で組んでいきます。プレートに対してどの様に補強を入れるかを見るのもダンボールなら簡単に動くので分かりやすいです。イメージは写真の様になります。



IMG_0979形が出来たダンボールから鉄板に反映し曲げながら補強を入れたりしてブラケットが完成していきます。今回はだいぶ前よりになりましたが上手くまとまりそうです。

sandaautocreate at 21:15コメント(0)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
S&Aアーカイブ
作業別アーカイブ
車種別アーカイブ